ストレスフリー! PCのキーボードを自分好みに! 打ちやすく! 「KeySwap」

キーボード反感ツール
キーボード反感ツール

ストレスフリー! PCのキーボードを自分好みに! 打ちやすく! 「KeySwap」

カタカタたーーん!

っと気持ちよくタイピングしていますか?

キーボードで文字を入力するときは、ストレスなしでやりたいですよね。

ただ日頃思う事があるんです・・・

パソコンで作業しているとき、
誰だよ!ここにCapslockキー作った人!
なんでBack spaceキーがちょっと遠いんだよ!

って。

タイピングが下手くそなのは、否定できませんが
できるなら好きな位置にキーを設定したい。

ということで、
フリーソフト「KeySwap」を使ってちゃちゃっと簡単に場所変えたり、
無効にしたりしていきたいと思います。

二次きょーしろ

二次きょーしろ

それって簡単にできんの?

めちゃくちゃ簡単にできますよ!

それでは今回も
楽しくシェアしていきましょう!

キーの機能を入れ替えできる「KeySwap」

「KeySwap」は特定のキーの挙動を変更したり
無効化したりできるフリー(無料)ソフト「KeySwap」

・ここにこのキーがあれば打ちやすいのになぁ
・ここのキーは打ち間違いが多いから無効化したい
・全然使ってないキーがあるから、有効活用したい

こんな事はサクッと自由自在に変えれますよ!

※元の状態に戻したい場合や、万が一バグなどがあった場合に備えて復元等のやり方を調べておきましょう!

「KeySwap」の設定をしていこう

まずは、ダウンロードしていきます。

下記からダウンロードサイトにいきますので
そこからダウンロードしてください。
keyswapダウンロード

ダウンロード→インストールし、
解凍まで完了したら早速立ち上げていきましょう!

なっ!?

開けない!!

二次きょーしろ

二次きょーしろ

「管理者として実行」・・・だと?

管理者と「KeySwap」を管理者として実行する

管理者として実行の説明

普通に「KeySwap.exe」をダブルクリック等でクリックしても起動されないので、
管理者として実行する必要があります。

なんだか難しそうな言葉ですが、やり方は簡単で、
右クリックして出てきたメニューから「管理者として実行」をクリックするだけです。

「KeySwap」の設定

KeySwapの使い方

「KeySwap」が立ち上がったと思うので見ていきましょう。

青枠が変更したいもともと配置してあるキーを選ぶ場所。
緑枠が変更後のキーを設定する場所。
右の赤枠がキー設定を行うためのボタンです。


KeySwapの使い方2

キーを設定するときは
実際のキーボードを押すか右の赤枠からカーソルで選択し決定します。

上記の設定は【左下にあるWin】キーを押したときにどのキーの挙動にするかって感じですね。


KeySwapの使い方3

変更先も変更元と同様に、キーボードを押すか
右の赤枠から選択して、変更後のキーを決めていきます。

とりあえずこれで【左Win】キーが【BackSpace】キーの機能を持つように設定できました。

この調子でバンバン変更設定していきましょう!

二次きょーしろ

二次きょーしろ

左小指でバックスペースが
使えるということか!!


KeySwapの使い方4

上記画像の設定は

●【Capslock】→【Enter】 左小指でエンターできる。

●【ひらがな】→【End】 右中指で文の行末まで飛べる。

●【左Win】→【BackSpace】左小指で消去できる。

●【F12】→【左Win】隣合わせにしてスクショしやすい。

こんな感じですね!

設定が終わったら保存していきます!

  1. 上記画像の①、「ファイルへ保存」を押します。
  2. 未登録の中から登録する場所を選択
  3. ウインドウが開くのでファイル名を入力。
  4. 登録し、③の終了をクリック。

これで設定は完了です!

ただ、この状態ではキーボードは変更されていません。

キーの変更が反映するのは再起動後

パソコンを再起動しないと反映されません普通に再起動すれば大丈夫です。

再起動後にキーの設定が、
自分で行った通りになっていればOKです!

おわりに

今回、紹介した変更設定は僕の好みに設定しただけですので
なにか良い設定が思いつく方はキーの設定を試してみてはいかがでしょうか?

自分好みにカスタマイズして
快適なパソコンライフを楽しんでください!

二次きょーしろ

二次きょーしろ

パソコン入力の効率が大幅アップだな

関連記事